Tetsu Moku

鉄と木の家具 / デザイン制作

テーブル用の鉄脚をオーダー製作 | 日進市 香久山 K’S FURNITURE

テーブル用鉄脚 アップ日進市 K’S FURNITURE 様よりご依頼のテーブル用鉄脚を製作させて頂きました。今回ご依頼頂いたこの鉄脚、無垢一枚板の天板をお持ちの方やDIYで天板だけ製作するという方には脚の高さ、フレームの幅、奥行までミリ単位でオーダー出来るのでぴったりです。しかもK’S FUNITURE様は壁面収納システム家具造作家具を扱う出張相談専門オーダー家具店でとっても良い家具屋さんなのでご紹介します。

K’S FUNITUREとは?

K’S FUNITURE様は愛知・名古屋を中心に壁面収納やシステム家具・造作家具を扱う出張相談専門のオーダー家具店です。
日進市 K'S FURNITUREのHPTetsu Mokuも壁面収納のお問合せを頂く事がありますが、迷わずこちらのK’S FUNITURE様をご紹介しています。
と言うのも、K’S FUNITURE様は安心してご紹介出来る実績、クオリティ、ノウハウをしっかりお持ちだから。代表のS氏はとても柔和で真面目なお人柄で、お客様にも真摯に向き合って下さるはずなので自信を持ってご紹介しています。
大きなカテゴリーでは同じ家具屋さんなのですが、Tetsu Mokuがアジのある家具を得意としているのに対してK’S FUNITURE様は綺麗目な家具を得意とされています。例えば天板で言うとTetsu Mokuは古材やあえてラフに削った天板を用いますが、K’S FUNITURE様は突き板やメラミン化粧板を用いるといった具合。
キッチンの収納を便利にしたい!」「テレビボードを壁の幅に合わせて作って貰いたい!」という方は是非おすすめの家具屋さんなのです。

ご依頼にはこんな図があるとベストですが…ラフスケッチでもOK。

今回ご依頼の際に添付頂いたのがこちらの図。オーダーダイニングテーブルの図面1

非常に分かり易いですね。何段欲しくて棚と棚の間の距離がどの位欲しいのか、どの様に板を載せるのか等も描かれています。
作り手としてもネジ穴の数とか溶接で組む順番とか仕上げをフラットにするか否か等が想像出来るので非常に助かります。面倒だなーと感じる方もいるかもしれませんが、こういったものも打合せをスムーズに済ますためです。納期もその分縮むのでご依頼の際は出来るだけ詳細にお話し頂ければ幸いです。
…と言っても、あくまで助かりますという話なのでもちろんラフスケッチでも構いません

使用する素材の変更も可能なテーブル用の鉄脚

さて、上の様なご依頼から出来上がった鉄脚がこちら。(商品の詳細はこちら。→ iron legs parts 5
テーブル用の鉄脚 斜めからTetsu Moku おすすめの黒マット。天板や棚板は明るい色のタモでも良いですし、濃い目のウォルナットでも合いそうですね。(K’S FUNITURE様ではウォルナット集成材を合わせられたそうです。)
今回は厚み1.6mm25mm角角パイプを使用。こちらは黒マットに塗装していますが、無垢の角棒にすればラフな鉄の質感にする事も可能です。(天板を載せた様子は K’S FUNITURE様のwebサイトで紹介されています。)

ダイニングテーブル用の鉄脚。いかがでしたでしょうか。大きさや段数を変えれば使い方も思いのままです。
過ごす時間も長いダイニングにお気に入りのテーブルを製作してはいかがでしょうか。ご興味がある方はK’S FUNITURE様、もしくはTetsu Mokuの contact より是非一度ご相談下さい。